下呂(げろ)温泉と聞くと、衛生面で不安がよぎります。しかも、下呂の北には知られざる中呂(ちゅうろ)と上呂(じょうろ)という駅があり、上中下の下です。しかし、心配御無用、その泉質は特上です。

開放的な公共露天風呂

噴泉池は木曽川の支流の飛騨川の下呂温泉街を臨む河川敷にあり、時間を問わず性別を問わず無料で下呂温泉に入湯することができます。源泉掛け流しのため、夏は熱く、冬はぬるく感じられます。基本的には365日24時間入湯可能ですが、河川の増水時は立ち入ることはできず、花火大会の際も入湯が禁止されます。また、毎朝7時から8時頃に清掃が行なわれる間は利用できません。

利用の際は、施設の周辺に視界を遮るものがないため、水着の着用が義務付けられています。また、浴槽内での飲食は禁止されています。